カ行の法則【PDFダウンロードと結婚式バージョン解説】

カ行の法則(PDFファイル)ダウンロードページです。

秋田です。
カ行の法則を「標語」形式でPDFファイルにしました。

身近なところに貼って毎日ながめてみてはいかがでしょうか?

今回の記事はカ行の法則について

・人生の指針として参考になるきっかけが欲しい人
・前向きに人生を創造するためにカ行の法則がどんなものか知りたい人

にオススメです。

スポンサードリンク



 

目次

カ行の法則とは?

カ行の法則

上画像からPDFファイルをダウンロードすることができます。

家業でもなく、稼業でもなく、課業でもありません。
ア行、カ行、サ行・・・のカ行です。

か・き・く・け・こ、というヤツです。

人生の指針というか、気持ちの持ち方というか、心構え的によりどころを探している人にはいいかも知れません。
人生哲学や成功哲学などを学ぶことが好きな人にも興味のを持ってもらえるかと思います。

どんなものか? というのを結婚式での(上司・先輩からの)お祝いの言葉風にしてみました。

実際に私が部下の結婚式でスピーチした時の内容です。

幸せになるカ行の法則・結婚式スピーチバージョン

幸せになるカ行の法則結婚式スピーチバージョン
結婚式スピーチのケーススタディとしても使えるようにしてみました。

【新郎側スピーチの場合】
太郎君、花子さん
ご結婚おめでとうございます。

また、ご両親さまはじめご両家(ご親族)の皆さま方、本日は誠におめでとうございます。
心より、(ご結婚の)お祝いを申し上げます。

(軽く頭を下げる)

(本当におめでとうございます・・・頭を下げながら小さく言うか、略しても可)

【新婦側スピーチの場合】
花子さん、太郎君
ご結婚おめでとうございます。

ご両親さまはじめご両家(ご親族)の皆さま方のお慶びも、いかばかりかとご推察申し上げるところでございます。

本当におめでとうございます。

【共通スピーチ】
高砂の席で幸せいっぱいのお二人の姿を見ておりますと、結婚って、本当に良いものだなと思っているところでございます。

(軽いギャグ・自虐ネタをしゃべっても許してもらえる雰囲気なら)
いや~、私もあと一回くらいは結婚してみたいものです。(独身の方は削除してください)

幸せいっぱいのお二人から、今日、私どもも、たくさんの幸せをおすそ分けしていただける気分になりますが、ほんとありがたいことと思っております。

先ほどご紹介いただきました、○○株式会社の○△でございます。
新郎の太郎君(新婦の花子さん)とは、一緒に仕事をさせていただいたご縁で、本日のこのめでたい席でご挨拶の機会をいただくこととなりました。

諸先輩方が多数いらっしゃる中、ご指名でございますので何とぞお許し(ご了承)いただけたらと思います。

新郎の太郎君(新婦の花子さん)は・・・・・

※新郎・新婦の人柄や仕事場でのエピソードなどを少し入れる。

・・・・・

たとえば・・・

新郎は、責任感も強く、また成績も常に上位に位置し、きっちりと仕事をこなす好青年でございます。将来は、必ずや当社を引っ張っていってくれるものと確信いたしているところでございます。

または・・・

新婦は、芯が強くきっちりとした仕事をこなす一方で、周囲への気配り・目配り・心配りが自然にできるすごく素敵な女性でありまして、きっと素晴らしい家庭を築いていかれるものと確信いたしております。

さてここからは、若いお二人の人生の門出に当たりまして、人生の先輩ということで、一つだけお話しをさせてください。

【披露宴参加者全員に呼びかけるように】

みなさん、もし世界中の「幸せ」を大きな鍋に入れまして、ぐつぐつと何時間も煮込んだら、最後、鍋の底に何が残ると思われますか。

いかがでしょう。
ぜひ、考えてみてください。

鍋の底に、エキスとして何が残るか、幸せの秘訣とは何か、ということです。

(少し、間をおく)
実は・・・鍋の底に残るものが、2つございます。

1つが、幸せになるカ行の法則です。
そして、もう1つが、幸せの素(もと)というものです。

これは、ぜひ皆さま方もお試しいただけたらと思っております。
きっと、今よりたくさんの幸せに出会えると思います。

ほんとですよ。(とアピールするのもアリ)

まず一つ目です。

カ行の法則、幸せになるためのカ行の法則です。
これは・・・

あいうえお、かきくけこ、さしすせそ、のア行、カ行、サ行・・・という時のカ行です。
カキクケコ、というのがキーワードです。

カキクケコの中で、まずは、カとキです。
カは、感謝。キは、寄付です。

「感謝は寄付で」ということであります。

もちろん感謝とは、ありがとうという気持ちです。
感謝=(イコール)、愛・愛するということです。

相手に感謝する時に、見返りを求めないということです。
感謝する時は、一方的に感謝する、ということです。

人は、ややもすると、時の経過とともに感謝することにおいて、だんだんと見返りを求めるようにもなります。

こんなに感謝しているのだから、これくらいは、してくれよ。とか、・・・そのうち・・・
僕がこんなに君のために働いているのだから、こんなことぐらいはしてよ、とか
私がこんなにあなたのことを思っているのに、どうして分かってくれないの、という気持ちの変化です。

つまり、感謝を求めるようになってしまうのです。

これって、お中元やお歳暮の品をお渡しする時に、
「いつもいつも、お世話になりまして本当にありがとうございます。これは、心ばかりの品でございます、どうぞお納めください。」と言いながら、心の中では

「でへへへ、ワテは、○○ハムをお中元で差し上げたバイ。お返しの品は、○○ビールがいいんだけどなぁ」と思うようなことと一緒です。

これって本当の意味での感謝の気持ちではないですね。
ギブアンドテイクの世界です。
下心いっぱいの気持ちです。

残念ですね。

感謝の気持ちは、見返りを求めない。
感謝を求めない。

感謝を要求しない。
そして感謝の気持ちを、忘れない。

感謝は寄付、です。

感謝は寄付するだけで良いのです。
ある意味、感謝は一方通行なんです。

それが、「感謝は寄付で」ということです。

次は、カキクケコのク、ケです。

クは、苦労、ケは煙(けむり)です。
苦労は煙(けむり)、です。

みなさん、タバコの煙をイメージしてみてください。

ここにタバコの煙があるとします。
最初は、みんなその煙を目で確認できています。

しかし、だんだんと煙の粒(つぶ)の間隔が広がってくると、うすくなってしまって、やがて、その煙が見えなくなってしまいますね。

でも、タバコの煙の粒(粒子)は、残っているのです。
ただ、見えないだけです。

しかし、「いや、ここにタバコの粒があるんだ」といって電子顕微鏡を持ち出してきて、その粒子を確認すれば、確実に見ることができます。

距離が離れてしまっただけで、探せば見つかるのです。

さあ、このタバコの煙を、「苦労」だと考えてください。
困難でも、不愉快な出来事でも、トラブルでも、望まないものでも構いません。

苦労や過去の出来事というのは、今という瞬間から、遠く離れているのに、探すから見つかるのです。
スポットを当ててしまうから、今、存在することになってしまうのです。

苦労なんてものはスポットを当てなければ良いのです。
スポットを当てるから、意識を向けるから苦労なんです。

それって、
「あー、3年前のあの日、なぜ左足から靴下を履いてしまったのだろう」とか
「あー、5年前のあの日あの時、右足からお風呂に入らなければ・・・」というようなことを悔やみ続けることと一緒です。

はい、「苦労は煙」です。
いつまでもスポットを当てないようにしてください。

さあ、次はカ行の法則の最後、カキクケコの「コ」です。

「コ」は、「心、幸福(こうふく)」であれ、です。

高砂の席にいらっしゃるお二人は、何があっても今、幸せですね。
例え、お色直しで新婦が席を離れても、新郎に「幸せですか?」と質問したら、必ず
「幸せです!」と答えるはずです。

だって、幸せなんですから。

「心、幸福であれ」ということは、今、幸福でいてください。
今、幸せでいてください、ということです。

人は、得てして、賞味期限付の幸せを追い求めるようになります。
また、幸せの先送りを始めてしまうものです。

賞味期限付の幸せとは、
「新しいテレビが手に入ったら、きっと、幸せな気分で毎日過ごせるよね」とか
「新しい車が手に入ったら、家族みんでキャンプとか行けて、幸せだよね」とか
「新しい家に住んだら、幸せな毎日になるよね」というものです。

これって、期間限定の幸せです。
テレビだと1ヶ月くらい、車だと3ヶ月から半年くらい。
新しい家だと半年から1年くらいの幸せな気分だと思います。

そして、幸せの先送りとは、テレビが手に入るまでは幸せになれない、新しい車が手に入らないと幸せがやってこない、という考え方です。

「あの街角をまがったら、きっと幸せが」という考え方です。
幸せを先送りして街角をまがっても、幸せはないのです。

そうではなくて、今、幸せでいることです。

それが「心、幸福であれ。心、幸せであれ」ということです。
もう一度、お二人に聞きます。

何で幸せなんですか? と聞いたら、絶対、
「だってそうなんだもん」、ですよね。
それでいいんです。

「感謝は寄付で、苦労は煙。心、幸福であれ。」です。

いかがですか、幸せになるカ行の法則。
ぜひ、お試しくださいませ。

なぜなら・・・
今なら、無料お試しセットで、何と何と・・・(ほんの少しだけ間をおく)幸せの素(もと)がついていますから。

次は、幸せの素(もと)です。

幸せの素とは、幸せがずっとやってきてくれるようにするための方法です。

自分に、「パッ、パッ、パッ」と3回、振りかけてください。
(フリカケをかける感じで、手を動かしてみるとアピール度が違います。)

幸せの素は、3つだけです。

1つが、(二人で)気分のいいこと、ワクワクすることを見つけてください。
2つ目が、ワクワクすることに意識を向けてください。
3つ目が、二人で、ワクワクすることをやってください。

幸せの素とは、これだけです。
3つのことを、1、2、3と、パッ、パッ、パッと振りかけるだけです。

小さなワクワクで良いのです。
ワクワクを見つけて、意識を向けて、それをやれば、それより少しだけ大きなワクワクが
やってきます。
つながっているのです。
その次のワクワクをやっていれば、もっと大きなワクワクがやってきます。

あとは、その繰り返しです。
ワクワクは、幸せは、つながっているのです。

どうぞ今の気持ちを忘れないでください。
だって幸せなんですから。

※ここで終わらせることもできますが・・・

さあ、お二人の人生の船出の時が近づいてまいりました。
どうぞ人生を楽しんでください。

お二人の人生には、良いことしか起こらないようになっているのです。

今日この場に出席させていただいている全員が、お二人の応援団です。
これからもずっとずっと応援し続けます。

どうぞ安心して幸せになってください。
本日は、まことにおめでとうございました。

または・・・

さあ、お二人の人生の船出の時が近づいてまいりました。
どうぞ人生を楽しんでください。

お二人の人生には、良いことしか起こらないようになっているのです。

もし、二人に困難やハードルが出現した時には、神様から「二人なら、きっとクリアできる」と認められているということです。

認められるからこそ、出現するのです。

もし、二人にその問題の解答が見つけられない時は、本日、ここにいる出席者の中で、誰かがその解答を知っています。

または、その解答を知っている人物を、きっとここにいる出席者の誰かが知っているはずです。
人生とは、そんなものです。

ここにいる我々全員が、お二人のサポーターです。
ずっとずっと応援し続けますから。
安心して二人の人生を踏み出してください。

本日は、まことに、おめでとうございました。

【出典:秋田秀一】

いかがだったでしょうか。
「幸せになるカ行の法則」がいかなるものか理解できましたでしょうか。

まとめ

幸せになるカ行の法則まとめ

私は経営コンサルタントとして企業経営者の方と会話することも多くあります。
成功している経営者、ピンチを乗り切ることのできる経営者、いろんなモノゴトが順調に進んでいく経営者・・・
逆にだんだとジリ貧になっていく経営者・・・など、いろんなタイプをの方を身近に見てきました。

私の30年以上の銀行員としての体験、これまでの人生経験から言えることがあります。
企業経営だけでなく人生そのものを上手く創造していくための秘訣は? と聞かれたら・・・

【まとめ・人生創造の秘訣】
・毎日毎日を「遠足前夜気分」にする。※遠足前夜気分=ワクワクで興奮して眠れないくらいの気持ち・感情
・目の前に出現する出来事に対しては「自然体」でのぞむ。(出現したものを受け入れる)
・人の悪口を(できるだけ)言わない。

 

ここまで本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク



この記事を書いた人

秋田秀一と申します。地方銀行に約31年間勤務して定年退職後に起業しました。正直60歳過ぎの中高年です。気力・体力が日に日に右肩下がりです。
そんな自分の体験・経験からと、今やっているビジネスから新しい副業モデルを作りました。
また、元銀行員ですから資金調達や借金返済についてもアドバイス・応援ができるかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

目次
閉じる