パソコン入力


ホウレンソウ・・・ビジネス世界で常に言われる言葉です。基本的には、組織で動いていますので、情報を共有する、というのがいちばんの狙いです。
リスク管理の一つでもあります。

ホウレンソウ(報告・連絡・相談)の勘違い

新人レベルでの勘違い、特に「情報の共有化」という概念だと勘違いしやすいことに触れたいと思います。

共有化というと、情報のやり取りが一方通行ではなくて双方向だと思いがちですが、現実世界のビジネス界ではあり得ないことです。
当然のごとく、情報を発信した自分にもそれなりの情報や結果が返ってくるべきだと思いがちです。

とんでもない間違いです。ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は、一方通行だと認識しておいた方がいいものです。

組織においてはトップに全ての情報が上がるのが理想ですが、現実的にはあり得ません。常にトップが判断しなければならないからです。
権限移譲という形で、その前の段階で意思決定がなされる場合がほとんどです。(一部上場企業レベル)

もちろん、会社の規模や形態・態勢・組織の仕組みなどによってそれぞれのスタイルがありますから一概には言えませんが。

報告・連絡・相談は、その情報の内容・重要性・緊急性などリスク管理面からどう処理していくか、というのは上司なり、組織なりが判断することです。自分の意見を言うことは大切です。

ですが、それ以上に大切なのはスピードです。まずはホウレンソウ、と意識してください。
手放すのです。一方通行でいいのです。

情報を手放すことは自分自身の身を守ること

よくある話で、トラブルや負の情報を「抱え込む」というのがあります。
ひどい話になると、案件を机の引き出しにしまい込んだまま、ほったらかしにする、ということもあります。

上司のマネジメントとして、部下に声掛けして会話して、情報共有の密度を濃くすることが大切だ、というのがあります。社会人1年目、
2年目のみなさんにとっては将来の課題だと思っておいてください。部下や後輩ができるタイミングで意識してください。

情報の中でも、トラブルごと、負の情報などは、すぐに「手放す」ことが大切です。
無責任に、放棄せよ、というのではありません。考え方です。

あなたなら、下のどのタイプですか?

自分1人で抱える、
先輩に報告する
先輩に報告する、さらに上司に報告する
先輩と上司に(一緒の場に)集まってもらって、同時に報告する

手放した瞬間に、自分の責任が半分に、1/3になると発想してみてはいかがでしょうか。

抱え込んでいて、後から「どうして報告しなかった?」と責任問題として避難を浴びるよりは、最初から、組織をまき込む、組織全体の責任として対応してもらえるのがいちばんです。

結果として、自分の身を守ることでもあるのです。

まとめ

情報の共有化、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は、自分の身を守るためにも重要です。
しかも、スピードです。

鮮度が極めて大事です。毎日毎日、新しいトラブルが発生するような環境・職場だったら・・・
とてもじゃないですけど、「実は、一昨日に・・・」なんて話はありえないですね。「はぁ?」となってしまいます。

情報を発信するヤツ、と認められるのか、それとも
情報を発信しないヤツ、とレッテルを貼られるのか・・・若いうちからの評判は、ずっと本人について回ります。
人事情報として組織内に残り続けます、そう考えておく方がいいと思います。

ということは・・・
元々、「隠すヤツ」と組織内で認識されていたら、本当のことを言っても、信じてもらえない可能性すら起こり得ます。
オオカミ少年といっしょです。

正直にきちんと、しかもスピーディーに報告するヤツと認識されていたら、たまに失念しても、遅れても、「まあ、彼も人間だから」となったりするものです。

若い頃の対応が、くせになって、人物像ができあがる、そしてそれが組織内での評価・評判になる、一生(退職まで)ついて回る・・・情報はどんどん手放しましょう。

プラスの情報、マイナス・負の情報、特に負の情報ほどすぐに手放すようにするのです。一つのスキルにもなります。
あなたの強い「資質・才能」ともなります。まさに、一生使える「財産」です。