後悔するよりも「やるッ!」ことは後から必ず人生のプラスになるからッ!

卒業して社会人になりたての後継者(候補)に贈る言葉です。

秋田です。元銀行員です。(支店長・部長経験しました)
たくさんの会社経営者・後継者の方々と出会ってきました。老婆心からの「独り言(ひとりごと)」です。

今回のテーマは一瞬一瞬の積み重ねが人生そのもの! という話と、「後悔」はいつまでたっても「後悔」であって後悔や妄想といったフィールドから思考が脱出できない! という話をします。

目次

生まれた時のキャンバスはみんな同じ真っ白。一瞬一瞬で「何か」を描いていく!

砂時計イメージ
砂時計の一粒一粒が・・・人生における一瞬一瞬の「時」のようです

みんな生まれた時は同じ真っ白なキャンパスを手にしています。

それに何を描くか・・・で人生が大きく違ってくることも間違いありません。
ドギツイ色で重ね描きするのか、面倒くさくなって真っ黒な色で全面的に塗りつぶしてしまうのか…

自由です。

その「描くもの」は一瞬一瞬でキャンパスに刻まれていきます。

目の前の・・・(この目の前という発想は大事です)

一瞬一瞬の積み重ねが・・・
一秒、一分、一時間で、その積み重ねが・・・
毎日毎日で、その積み重ねが・・・
一年一年で、その積み重ねが・・・あなたの一生、あなたの人生そのもの。

みんなそれぞれの人生を「今」形づくっています。まさに、自分だけの人生を創造している最中です。

あー、5年前のあの日あの時、右足からお風呂に入らなければ・・・今頃は?

風呂イメージ
あー、あの時、右足からお風呂に入っていなければ・・・今頃は、きっと・・・

■ あー、5年前のあの日あの時、右足からお風呂に入ってさえいなければ・・・
■ あー、5年前のあの日あの時、左足から靴下を履いていたら、きっと今頃は・・・
■ あー、あの時、○○していたら、○○を選択しておけば・・・
■ あー、あの時、勇気を出して告白していたら・・・(よくある話です)
■ あー、あの時、一歩踏み出しておけば・・・良かったのに・・・(後悔)

5年たっても、10年たっても・・・キリがありません。

きっと、死ぬまで後悔するかも知れませんね。だったら・・・

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

たった一度の人生だから、自分がどうするか? ですね。

お風呂や靴下の話は(今となっては)どーでもいい話です。
悩みに悩んで・・・選択した上での「やらなかった後悔」も、今となっては(本来は)「どーでもいい話」なのです。

ただ、こだわっている人が一人だけ、というだけの話です。

まとめ・・・毎日毎日を、目の前の一瞬一瞬を、大事にしてください

老婆心から言えるのは、時間は(目の前の一瞬一瞬は)大事です。本当ですよ。

後からいくら「呼べど叫べど」帰ってきてくれないからです。

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

今日やるべきことは・・・自ずと自覚できますね。

■ 迷ったら、「やるッ」方向に考える。「やってみるッ」のです。
■ たとえ失敗しても「笑い話」「武勇伝」になりますから。
■ たくさんの思い出と経験を持って、カンオケに入りましょう。

ここまで本当にありがとうございました。

この記事を書いた人

秋田秀一と申します。地方銀行に約31年間勤務して定年退職後に起業しました。正直60歳過ぎの中高年です。気力・体力が日に日に右肩下がりです。
そんな自分の体験・経験と今やっているビジネスから企業経営者のご子息(将来の後継者候補)が新社会人として第一歩を踏み出す方向けに老婆心からのアドバイスの場を作ることにしました。(当ブログになります)
また、元銀行員ですから資金調達や借金返済についてもアドバイス・応援ができるかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

目次
閉じる